胡蝶蘭を選挙当選のお祝いの品として贈る場合には、届けるタイミングに気をつけなくてはいけません。間違って選挙運動期間中に贈ってしまうと、当選祝いとしてではなく、陣中見舞いとして扱われてしまいます。当選祝いとして贈るためには、選挙当選が確定したあとに届けなければいけません。ただし、あまり遅くなってしまうのは避けたいところです。当選が決まったあと、1週間以内には届くように胡蝶蘭を用意しましょう

なお、当選確実は当確ともいいますが、これは当選が正式に決まったわけではなく、間違いなく当選するだろうと予想されている状態に過ぎません。当確が出ていてもそこから巻き返されて落選となったケースもあるため、早合点をして失敗しないようにしましょう。

このほか、当選祝いとして胡蝶蘭を届けるときには、鉢に祝御当選や御祝と記し、差出人の氏名を記した名札を付けます。名札はフラワーショップで作ってくれますので、任せてしまったほうがあれこれ悩む必要がありません。フラワーショップにはオンラインショップを運営しているところも多く、配送に対応してくれるところが多いです。なかには、胡蝶蘭を届ける日にちや時間帯の指定、名札の無料での作製に対応してくれるところもあり、送料無料のサービスを行なっているところもあります。

参照サイト:http://www.orchid-style.com
胡蝶蘭専門店【ORCHID STYLE】です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket