選挙の当選が決まると、フラワーショップの胡蝶蘭の在庫が不足してしまうほど、たくさんの胡蝶蘭が選挙で勝った人に贈られています。胡蝶蘭は当選祝いの定番であり、お祝いとして届く胡蝶蘭の数が多いほど、その議員の人気の高さがうかがい知れます。

また、政治家個人に対して贈るものですが、法人は法律でお金も物も贈ることが認められていません。個人が政治家個人に贈る場合も、金銭を贈ることは禁じられています。個人が政治家個人に贈る場合は物品を贈ることは認められていますが上限額があり、制限があるなかでお祝いに相応しいものをということで、胡蝶蘭が選ばれています。

なぜ胡蝶蘭がお祝いに相応しいのかといいますと、見た目の華やかさだけでなく、幸福がやってくるという花言葉があるためです。鉢植えには根付くという意味があり、胡蝶蘭を鉢植えで贈ると幸福が定着するとなり、縁起がよいのです。また、花には花粉や香りが強いものがありますが、胡蝶蘭は少なく、苦手に感じる人があまりいないという点も、選ばれている理由のひとつといえるでしょう。そのほか、胡蝶蘭は1~4ヶ月以上の長期にわたって傷みません。長く楽しめる花であるということも、胡蝶蘭が贈り物として選ばれている理由に含まれているのでしょう。

以上が胡蝶蘭が選挙当選のお祝いとして選ばれている理由ですが、当サイトでは胡蝶蘭を当選祝いとして贈る場合に注意したいことを解説しています。とくに当選祝いの贈り物は法律が絡んでくる問題ですので、このサイトで提供させていただく情報は知っておいて損はないでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket